フットサルはどのような特徴のある競技?

毎週金曜日は競技思考の個人参加型フットサルの日です。この日は開催最小人数の8名の参加でした。

トレーニングの流れは

  1. おにごっこ
  2. 1対1
  3. 2対2
  4. ゲーム

となりました。すべてのトレーニングに条件がついてくるのですが、今回はそこへのアプローチは少しにしました。タイトルにあるようにフットサルの特徴を考えてもらいました。答えは沢山ありますが、今回の答えは切り替えです。フットサルは攻守の切り替えが凄くはやく、そこへの対応が、重要になります。もう1つだけ、踏み込むと攻守の切り替えを早くしましょうというこでもなく、練習への取り組みの切り替えを早くしましょうという事です。

文章がくどくなってますが(笑) この部分は凄く大事にしていまして、参加メンバーにはくどく説明しました。例をだすと、トレーニングをするためのポジションにすぐ着くだったり、次はどうなるんだろうと考える事です。これをすると、当然疲労度が身体的にも精神的にもきつくなります。

つまり、単純な練習からも、フットサルの競技的特徴をつくりだしたいのです。長く練習するのは好きではありません。むしろ、体に悪いです(笑)。自分でコート作っておきながらですが、下地がコンクリート人工芝ですからなおさらです。長くプレーすることで、けがのリスクも増します。

そういうわけですので、参加中熱く指導されることも覚悟でご参加ください!

ひきつづき、競技系個サルをよろしくおねがいいたします。下記に詳しい内容もリンクしておきます。

競技系個サル概要はここから

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事